脳はベター・セックスを演出する

| コメント(1) | トラックバック(0)

アメリカの著名な脳科学者でセックス不全治療の権威でもあるダニエル・アメン博士が、脳がセックスに及ぼす影響を研究した成果「脳でセックス」を出版した。これは、ベター・セックスにとって、健全な脳を持つことが如何に大事かを論証したものである。

サイエンス・トゥデーでは、博士にインタビューを行い、博士の説の真髄について聞き出した。その内容が、セックスとは遠ざかりがちな筆者などにも面白く感じられたので、ここに紹介しておきたい。”Use your brain to have hotter sex:Dr Daniel Amen tells TODAY how your mind can help you in the sack “

脳は人間のあらゆる行動を制御しているが、セックスにおいても違いはない。脳が健全であってはじめて、人は思慮深く、遊び心豊かになり、またパートナーとの間に、ロマンチックで親密な関係を築くことができる。セックスは一時な気晴らしではなく、人間の生き方そのものなのであるから、充実したセックスライフのために、日ごろから脳を活性化させる努力をしなくてはならない。

人間の脳の中で、セックスに最もかかわり深いのは、ドーパミンという神経伝達物質である。ドーパミンは情動やモチベーションを制御しており、これの豊富な分泌が、セックスへの欲求と喜びを高める作用を果たす。逆にこの物質の代謝障害は、セックスへの意欲低下にとどまらず、重大な心の病を引き起こすことも知られている。

ドーパミンの分泌を促すためには、脳が常に新鮮な刺激にさらされていることが必要だ。セックスとの関連でいえば、パートナーとの間に、常に新鮮な性的刺激を通いあわすことが肝心である。この点では、前戯に工夫をこらすことが特に有効だ。アメン博士の知見によれば、足への刺激はその最も効果ある手段という。足の刺激を感じ取る脳の領域は、性器からの刺激を感じ取る部分と隣あわせなのである。だから、パートナーの女性が靴を買いにいきたいと言い出したときには、是非一緒にいって、自分の手でパートナーに靴をはかせてやるといい。その後で幸福な一夜を送れること請け合いである。

ドーパミンと同様セックスにかかわりの深い脳内物質はオキシトシンである。これは女性の授乳に特にかかわりが深いほか、信頼や絆といった人間関係の形成に大きくかかわっている。

ところが、オキシトシンの代謝は、女と男では異なる様相を呈している。女性は、手を握ったり、見つめられたり、パートナーの優しさを感ずることで、オキシトシンが分泌される。これに対して男にオキシトシンが分泌されるのは、射精の直後に集中している。

女は性交の周囲に、心身ともに濃密な触れ合いを求めるのに、男はやたらとインサートを急ぐ。これは、人間の男女が生物学的に背負った宿命的な傾向ではあるが、充実したセックス・ライフを確立するためには乗り越えなければならない。

脳の構造そのものも、女と男では大きく違っている。男は左脳が発達し、知的な能力に比べて感性的な能力に弱いところがある。これに対して、女の脳は左右バランスよく機能する。女は一つの言葉を左右いずれの脳でも聞き取ることができる。だから、言葉は知的な意味を持つものとしてと同じく、情動的な刺激としても作用する。

女はまた、男に比べて臭覚や触覚に敏感である。だから目の前に迫った事態を総合的に判断し、その全体像をいち早く捕らえる能力が男よりも優れている。反面、感性に豊かなるが故に、「うつ」に陥る危険性も大きい。

脳の構造の違いは、男女がそれぞれパートナーを選ぶ態度にも影響している。男は視覚優位にできているために、視覚に訴える女、つまり見てくれのよい女を重視する。女は人間の触れ合いや安心を求める傾向が強いので、男の見てくれよりもフィーリングや頼りがいを重視する。こんなところからして、世の中には絶世の美女が醜い男と結ばれ、美女と野獣の組み合わせと揶揄されるような現象も起こるのである。

こうしてみれば、男女の脳の構造の違いによる影響が、性行為における男女の行動特性にまで及ぶのもうなずかれる。

ベッドの中でいよいよという時に、女は周囲を暗くして、互いのフィーリングに埋没したいと思うのに対して、男は周囲を明るくして、女の表情はもとより、身体の隅々まで見たがる傾向がある。これは男女それぞれに備わった生物学的な宿命がそうさせるのだろうと、筆者などは改めて腑に落ちた気がするのである。

博士はまた、催淫剤にも言及している。性欲を亢進する植物は色々あるようだが、中でも朝鮮人参や銀杏の実には、歴然とした作用が認められるということだ。性欲減退気味の男女には、是非試してみる価値があろう。

いずれにせよ、男女が確固たるパートナーシップを築き、豊かなセックスライフを送るためには、互いの違いをよく理解したうえで、相互に思いやる態度が重要なようだ。


関連リンク: 人間の科学

  • 脳はベター・セックスを演出する

  • 老人の性教育

  • アメリカ人夫婦の新しいライフスタイル

  • 日本の少子化はセックスレスが原因?
  • 幻聴:内なる声と認知行動療法

  • 癌の話題でもちきりのアメリカ

  • 「うつ」と向き合う男たち

  • ヒトは今なお進化している

  • 遺伝子が語る人類の進化
  • アメリカ人の九割が神を信じている

  • ヨーロッパの世代間格差:ベビールーザーたち

  • アラブ世界の結婚難:社会不安の火種





  • ≪ 幻聴:内なる声と認知行動療法 | 人間の科学 | 精神療法としての祝祭:エーレンライヒ説 ≫

    トラックバック(0)

    トラックバックURL: http://blog.hix05.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/177

    コメント(1)

    Hypotheek informatie, hypotheek aanvragen of afsluiten? Hypotheekrentes bekijken. Hypotheek aanbieders vergelijken, hypotheek vormen, bijkomende kosten,

    コメントする



    アーカイブ

    Powered by Movable Type 4.24-ja

    本日
    昨日

    最近のコメント

    この記事について

    このページは、が2007年4月11日 19:16に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「グルメ・チョコレートの新しい波」です。

    次のブログ記事は「大伴家持:族を諭す歌」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。