« 天国と地獄の結婚:ウィリアム・ブレイク | メイン


アルビオンの娘たちの幻影 Visions of the Daughters of Albion:ウィリアム・ブレイク


ウィリアム・ブレイクの詩集「アルビオンの娘たちの幻影」 Visions of the Daughters of Albion から序の歌(壺齋散人訳)

  私はテオトルモンを愛したの
  恥ずかしいとは思わなかったわ
  でも処女ゆえの恐れから震えて
  ルーサの谷間に隠れたの

  私はルーサの花を摘んで
  谷間から起き上がったの
  すると恐ろしい雷が起きて
  私の処女のマントを引き裂いたの


「アルビオンの娘たちの幻影」はブレイクが1793年に刊行したイラスト入りの詩である。アルビオンの娘ウーソーンはテオトルモンを愛していたが、ブロミオンに強姦されたことで、テオトルモンの愛を失う。

愛の純粋さと、人間社会の因習的な考え方との葛藤を描いた作品だといえる。


Visions of the Daughters of Albion

  I lovèd Theotormon,
  And I was not ashamèd;
  I trembled in my virgin fears
  And I hid in Leutha's vale!

  I pluckèd Leutha's flower,
  And I rose up from the vale;
  But the terrible thunders tore
  My virgin mantle in twain.


関連リンク:ポエティカル・スケッチ:ブレイク詩集

  • ウィリアム・ブレイク詩集:無垢と経験の歌






  • ブログランキングに参加しています。気に入っていただけたら、下のボタンにクリックをお願いします
    banner2.gif


    トラックバック

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://blog.hix05.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1508

    コメントを投稿

    (いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




    ブログ作者: 壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2006

    リンク




    本日
    昨日