« 梁園吟::李白 | メイン | パリ À Paris:シャンソンの世界 »


魯郡東石門送杜二甫:李白


李白の五言律詩「魯郡の東石門にて杜二甫を送る」(壺齋散人注)

  醉別復幾日  醉別 復た幾日ぞ
  登臨徧池臺  登臨 池臺に徧(あまね)し
  何言石門路  何ぞ言はん石門の路
  重有金樽開  重ねて金樽の開く有ると
  秋波落泗水  秋波 泗水に落ち
  海色明徂徠  海色 徂徠に明らかなり
  飛蓬各自遠  飛蓬 各自遠し
  且盡手中杯  且く手中の杯を盡くさん

杯を重ねて別れを惜しむのも長くなった、共に山に登り池のほとりを歩んだものだ、もうこの石門の道に立って、再び酒を酌み交わすこともないだろう

秋色濃い波が泗水に立ち、海のような青さが徂徠山を包んでいる、別れ別れになってはそれぞれの道を行くことになる、しばらく共に手中の杯を飲み干そう


李白は長安を追放されて東へと向かう途中、洛陽で杜甫と出会った。時に李白44歳、杜甫は33歳であった。二人の年は一回り離れていたが、互いにひきつけあうものがあったらしい。その後一年近く行動を共にし、黄河流域の各地を遊覧した。高適や岑参といった高名な詩人が加わることもあった。

二人は山東の曲阜近くにある石門山で別れた。この詩はその折の送別を歌ったものである。「飛蓬各自遠」とあるが、その言葉どおり李白自身はその後も放浪の旅を続け、杜甫は官職を求めて都へ向かうが、その願いがかなわずやはり各地を放浪する身となる。二人は再び会うことはなかった。


関連リンク:李白長安の李白李白後半生の流浪の旅

  • 漢詩と中国文化





  • ブログランキングに参加しています。気に入っていただけたら、下のボタンにクリックをお願いします
    banner2.gif


    トラックバック

    このエントリーのトラックバックURL:
    http://blog.hix05.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1474

    コメントを投稿

    (いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




    ブログ作者: 壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2006

    リンク




    本日
    昨日